忍者ブログ
SEARCH THIS SITE
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Templated by TABLE ENOCH


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Category()  
高純度アップルフェノン配合!【プライベートサプリ】
高純度アップルフェノン配合!医師の宣告を受けた会社社長が自分自身のために開発したダイエットサプリ!【プライベートサプリ】[#022]高純度アップルフェノン配合!医師の宣告を受けた会社社長が自分自身のために開発したダイエットサプリ!【プライベートサプリ】[#022]
¥5,040円(税込)送料別 カード利用可

商品名プライベートサプリ内容量240mg×90粒原材料名アップルフェノン・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ナイアシン・葉酸・カルシウム・鉄・亜鉛・銅・マグネシウム・プルラン(カプセル)お召し上がり方栄養補助食品として1日3粒程度を目安に水、又はぬるま湯でお飲み下さい。メーカー希望小売価格18900円を73%OFFBL特価4800円(税込:5040円)送料特典納期順次発送広告文責ビューティーライフ 0942-35-2532区分日本製・食品このプライベートサプリは難病にかかってしまった弊社社長が、病院の先生から薬の効きを良くする為に「必ず体重を落として下さい」と言われ、健康食品メー カーである事を幸いと、あらゆる研究機関や学会の発表の中から最も効果的と思われる成分「アップルフェノン」を研究し、さらに生きていく上で基本となる ビタミン類とミネラル分を最も効果の出る配合量を見つける為に試行錯誤を重ね作られたのがこのプライベートサプリなのです。このサプリメントとウォーキングで見る見る体重が減り、同じ病院に通う患者仲間にどうしているのか?と聞かれ自分で作ったサプリの話をして譲ったのがきっかけで、あっという間に患者さんの間でプライベートサプリと言われるようになったの です。ビタミンB2は、細胞の再生や成長を促進するはたらきのあるビタミンで、健康な皮膚、髪、爪をつくります。そのほか、脂質の代謝を促進し、糖質の代謝にも関係しています。ビタミンB2が不足すると、脂質の代謝がスムーズにいかず、エネルギーになりにくくなります。また、ビタミンB2は粘膜を保護するはたらきもあります。ビタミンCのはたらきには、『肌の張りを保ち』『しみや小ジワを防ぐ』『ウィルスや細菌に対する抵抗力を高め、カゼや感染症を予防する』『ストレスを和らげる』『血中コレステロールを下げる』『発ガン物質の生成を抑える』『鉄の吸収を助ける』などがあります。その他重要なものに、コラーゲンの生成があります。ビタミンB6は、たんぱく質の代謝を促す大切なビタミンです。健康な皮膚や髪・歯をつくり、成長を促進するので、特に発育期の子供や妊婦・授乳婦には不可欠です。また、免疫機能を正常に保つはたらきもあり、不足するとアレルギー症状が出ることもあります。ビタミンEは、老化の原因と考えられている過酸化脂質が作られるのを妨げるはたらきがあります。不足すると、しみができたり、血行が悪くなって、冷え性、肩こり、頭痛、しもやけなどの症状が出てきます。ビタミンB12は、葉酸とはたらきあって赤血球を作り出しています。ビタミンB12が不足することで悪性貧血になると、体がだるくなったり、めまい・動悸・手足がしびれるといった症状が出てきます。また、神経過敏になる、ふさぎこむ、集中力がなくなるといった、神経症状をも引き起こすことになります。葉酸は血液と関係が深く、他のビタミンB郡、特にビタミンB12と一緒にはたらく特徴があります。また、遺伝物質であるDNAやRNAを構成している核酸の合成に不可欠で赤血球の合成、アミノ酸(グリシン、セリン、メチオニン)の合成やたんぱく質の生成・促進作用があり、さらに皮膚の粘膜の強化・口内粘膜の強化などがあげられます。糖質・脂質の代謝に働きかけ、脳神経の働き(頭痛の予防)を助けてくれます。また、血液の循環を良くし血圧を下げ、性ホルモンやインスリンの合成にかかわってきます。さらに皮膚を健康に保つ等の効果もあり、食欲不振・下痢などの胃腸障害を緩和してくれます。「アセドアルデヒド」も分解するので、二日酔いを防ぎ、コレステロールや中性脂肪を低下してくれます。丈夫な骨と歯をつくるために必要なミネラルです。成長期の子供や妊婦・授乳婦は、特にカルシウムを多く必要とします。カルシウム不足の状態が続くと、骨や歯からカルシウムが溶け出してしまうので、成長期だと歯の質が低下し、あごの骨の発育が悪くなってしまいます。骨の質が悪くなることで、腰痛や肩こり、ひいては骨がスカスカになってもろくなる骨粗鬆症にもなりかねません。特に女性は閉経後に骨粗鬆症の発症率が急上昇するので、若いうちから積極的に摂取するようにしましょう。カルシウムは単独で摂るよりも、ビタミンDやマグネシウムを併せて摂取すると、体内で吸収されやすくなり、丈夫な骨や歯を作るのに役立ちます。
★もっと詳しい情報はコチラ★


PR
Category(ダイエット関連)  
PREV ENTRYTOPNEXT ENTRY
Templated by TABLE ENOCH